“shit”と”ass”の意味知ってる?NGワード間違えると赤っ恥かくよ!経験者は語る!

“shit”“ass”の意味、知ってますか??
聞いたことはあるけど、はっきりとは分からない方が多いのではないでしょうか。

これらは “Swear words”(スウェア・ワーズ)と呼ばれる言葉で、
日本語では「ののしり言葉」と言います。

今回は、主要な “Swear words”(スウェア・ワーズ)の意味と、私の失敗談をお届けします。 ※今回の記事は汚い話が続きます。不快な方は戻るボタンを押そう!※
スポンサーリンク

NGワード “Swear words” ってそんなに悪い言葉なの?

 “Swear words”(スウェア・ワーズ)は、
人を不快にさせる、下品で侮辱的な表現なので、公共放送などでは「ピー」音でかき消されます。
いわゆる「放送禁止用語」「NGワード」です。

Swear Wordsを多用するテレビジャンルもありますが、多くの場合は「口が悪い印象を与えるためのツール」として使われています。

ただ、現実では、NGワード “Swear words” はよく使われるんです。
特に若い世代のネイティブは日常的に使うのではないでしょうか?

日本語でいう「ヤバい」「クソ」くらいのイメージで、日常生活に溶け込んでいます。

使うべきではない言葉ですが、耳にする機会が多いので、きちんと意味を知っておく必要があります。
でないと、私のように恥をかくかもしれません(泣)

主要なNGワード “Swear words” の意味を知ろう!

まずは主要なNGワード “Swear words”の意味を知りましょう。

(今回は正しい意味をお伝えするために伏せませんが、NGワードを引用する場合は “f**k” のように米印で伏字にするのが慣習です。)

shit:うんち、クソ
crap:うんち、クソ
ass:お尻、ケツ
cunt:女性器
bitch:ビッチ、雌犬、アバズレ
fuck:セックスをする、物事をダメにする( fuck off:失せろ、fuck you:くたばれ、バーカ)

ネットでは “ ~ as fuck”(すごく)を “af” と略して書くこともあります。
NGワードだからこそ、用法は無限にあります。紹介しきれないほど。

ただ、よく使われるのはこんなものでしょうか。
記事のためとはいえ、こんなにNGワードを羅列すると罪悪感と違和感が襲ってきます…。

それほど「使っちゃダメ」「書いちゃダメ」なワードなんです!

NGワードを使いたいときは、濁すべし!

さて、NGワード “Swear words” は見ての通り、失礼、攻撃的、そして下品です。

使わないに越したことはないのですが、何かを強調したいとき、NGワード “Swear words” を使いたくなるかもしれません。ついつい口が滑って、子どもたちの前で言ってしまいそうになったり!

そんなとき、NGワードを「濁す」というテクニックがあります。
似た言葉を使って、言葉を濁すんです。口頭で伏字をするイメージで。
(筆者の良心が耐え兼ねるので、ここからは伏字で書かせてください…。)

F**kなら「Fudge(ファッジ):柔らかくて甘いキャンディ」、
Mother f**ker(侮辱言葉、直訳すると母親と性交するヤツ)なら「mother」で止める。

Son of a bi*ch(侮辱言葉、直訳するとアバズレの息子)なら
son of a biscuit eater」(ビスケットを食べる人の息子)

Holy sh*t!(ヤバ!なんてこった!)は
「Holy pumpkin applesauce!」(聖なるカボチャアップルソース!)など、適当にかわいい言葉に置き換えます。

ネイティブの親たちは、子どもにうっかりNGワードを教えないように、こういう工夫を凝らしています。

NGワード “Swear words” を知らないと「何言ってんだ?」と意味不明ですが、元のワードを知っていると濁していてもなんとなく意味が推測できますよね!

NGワードの意味を勘違いしていて恥をかいた話。

筆者は、留学して1年後くらいにこのNGワード “Swear words” の意味を勘違いしていたことで恥をかきました。

周りが使っていたので、よく耳にしていてなんとなく意味を知っていました。
でも、悪い言葉だから自分では使わなかったし、意味をきちんと調べたこともありませんでした。

そんな筆者に悲劇が…!

悲劇1.shitの意味、勘違いしてました。

韓国人の友だちとトイレに行こうと歩きながら、冗談を言い合っていたんです。
くだらないんですが「トイレで小を足したい」ということをいろんなフレーズで言い合ってました。

“I’m going to go pee”(おしっこするべ)
“I’m going to urinate” (排尿しまっせ)

その流れで筆者、小声で “i’m going to take a shit”と言ってしまいました…。
そうです、shit=うんちです。「うんちしてくる」と言ってしまったんです…。

筆者、crap=うんちというのは知っていました。
もう大の言葉があるから、次は小。shitは「おしっこ」だと思ったんです…。

だってさ、「shit(シット)」と「おしっこ」、響き似てるじゃん…。

その韓国人の友達よりも私の方が英語ができたので、その子も一緒に混乱させました。
「え?あなた(筆者)がそういうってことはshit=うんちじゃないのかな??」ってね。すんません。

悲劇2.assの意味、勘違いしてました。

「響きが似てるから意味勘違いしてた」シリーズ第二弾。

筆者、「ass」は「あし」だと思ってました。
だって!響き!ほぼ一緒じゃん!(本当の意味は「お尻」です)

この勘違い、なかなか根強くて、しばらく勘違いしてました。
というのも、脚とお尻は位置が近すぎて、友達が「ass(お尻)」について話しているとき、「ass(脚)」と勘違いしていても会話が通じてしまったんです(泣)

「あのおネイちゃんいいお尻(ass)してんね〜」って指差すところ、「脚」じゃん…。

しかも、厄介なのは “Get your ass in here!”(今すぐここに来い!)という用法。
日本語で「足を運ぶ」っていうでしょう?勘違いしたまま意味通じちゃうんですよ〜!泣

こちらの勘違いはある日無事気づきましたが、勘違いをしたまま使っていたら恐ろしいことになっていました…!

NGワードは使わないで!でも意味は知っておこう!

そう、NGワード “Swear words” は使ってはいけない言葉です。

不快に思う人が多いですし、品がない口調になってしまいます。
ネイティブでも、
・ビジネスでは絶対に使わないですし、
・きちんとした紳士淑女は絶対に使いません。

社長が「バチクソに業績上がってんだけどまじやばくね?ライバル社とか、くたばれっての。」と言ったらびっくりしますよね。
NGワード “Swear words” を使うと、かなり汚い言葉遣いになってしまいます。

でも、使わないからと言って意味を知らないと悲惨なことになりかねません。
意味を知って、かつ使わないというのがスマートな学び方だと思います!

〜この記事を書いた人〜
きこ

共感できる記事を求めてなんでもググる派。記事LPライター・SEOライターです。慶應経済。詳しいプロフィールは名前のリンクをクリック!

きこをフォローする
転校・留学・海外
スポンサーリンク
この記事をシェアする
きころぐ
タイトルとURLをコピーしました