【国際遠距離恋愛】コロナで彼氏と1年会えてない私の乗り切り方

国際遠距離恋愛をしているみなさん、大丈夫ですか〜?! 

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、
「もう1年も恋人と会ってない」
「次いつ会えるか分からない」
という人も多いんではないでしょうか。

私も欧州在住の彼と1年弱ほど会えていません…。
夏に会う予定をキャンセルしたときはかなり精神的にツラかったです。

でも、今はなんとか乗り切り方を心得てきて、割とハッピーに過ごせています。

この記事では、コロナで彼氏と1年会えていない私が、この時期の国際遠距離恋愛の乗り切り方をシェアします!(だれか1人でも参考になれば嬉しい…!)

スポンサーリンク

今の情勢だからこそ大事なこと

強行突破する時期を決める

「いつ会えるか分からない」のがツラい

この異常な世界情勢の今「次にいつ会えるか分からない」ということが大きな不安のタネなんじゃないかと思います。

「入国制限があって、そもそも入国できない」
「仕事の関係で、2週間も自宅隔離できない」など、この情勢特有の事情があるはずです。

誰にも予測できない事態ですから、簡単には次会う日を決められません。
でも、ただ「会えない」と思っているとどんどんツラくなってきませんか?私はそうでした。

だから、強行突破する時期を決めたんです。入国できる状態なら、〇月に会う!って。

その時期がきても、感染者はまだ多いかもしれないし、旅するためには色々な条件をクリアしないといけないかもしれません。でも、入国さえ許可されていれば、会いに行く、そう決めました。

実際に強行突破すると決めた時期に会えなかったとしても、それまでは頑張れます。
「とりあえず◯月まで頑張る」と目標をさだめた方が、心が楽になる気がしませんか?

“Love is not tourism”

“Love is not tourism”というムーブメントが欧米で流行っているのをご存知ですか?

恋人に会いに行くのは、不要不急の旅行なんかじゃない!と主張し、この状況で離れ離れになってしまったカップルがお互いに会う権利を求めるムーブメントなんです。
大切な人とのつながりは、生活の根幹ですよね。

だから、強行突破も許してほしい。そんな気持ちで。

コロナについて話さない

ネガティブなニュースばかりが続くこんな時期だからこそ、情勢の話はしないようにしています。

ウイルスの感染拡大率や政府の判断についていくら話しても、私たちは結局ただの傍観者です。
電話ごしにアツく議論を交わしたところで、情勢には少しも影響を与えません。

解決策がない問題について話すと、ストレスが溜まるだけ。
だから、私は「コロナの話はしない!」と決めました。
生活に関わる最低限の情報だけ交換して、サッと話題を変えます。

コロナは、いま自分たちが会えない原因です。
だからこそ、話していると気分が下がってしまいがちだと思います。
そんなときは思い切って「コロナ禁止令」を出してみるといいかもしれません。

一緒に住む方法を考える

極論、今恋人と会えない理由はバラバラに暮らしているからです。
同じ国で一緒に住んでいたら、普通に会えていました。

今の状況は、将来一緒に住む方法を真剣に考えるきっかけになります。
またこんな風に会えない状況が続かないように。

国際カップルが同棲をする上で悩ましい問題は、ビザ仕事のことです。
思い立ってすぐにできるものでもないので、今のうちから考え始めておくといいかもしれません。

同棲の予定が伸びてしまった方は、本当、心中お察しいたします…。

ずっと会えてない遠距離恋愛のコツ

ここからは今の情勢関係なく、長い期間会えない遠距離恋愛のコツをシェアします。

ポジティブに考える

ずっと恋人と会えないことも、悪いばかりではありません。
自分に使える時間が増えたり、絆が深まったり、意外とメリットもあるんです。

次いつ会えるか分からないのに付き合い続けてるのってすごい。
今後何があっても乗り越えられそうな気がしませんか?

ポジティブシンキング、大事です。

武勇伝をイメージ

ポジティブシンキングと言えば、「武勇伝をイメージ」するのもおすすめ。

「昔ね、ママとパパ、2年も会えなかったんだよ?」と子どもに武勇伝を語る想像をするんです。笑 そうすると「3年くらい会えない方が語りがいのある武勇伝になるかな…?」なんて考えまで浮かびます。

考えを切り替えるのが大事なので、自分に合う考え方ならなんでも良いんです。笑

筋トレを始める

いま筋トレを始めるメリットは3つあります。

1. 結果が出るまで会いたくない心理
2. 心も健康になるからポジティブになれる
3. 時間が潰れる

1. 結果が出るまで会いたくない心理

筋トレは少しずつ効果が出るものですよね。
時間がかかるので「腹筋割れてから会いたい!」と思えば「半年」くらい平気でかかります。笑

「会えない理由」に筋トレをプラスすることで、ちょっと不安感が減る不思議。

2. 心も健康になるからポジティブになれる

また、筋トレをすると体だけじゃなく心も健康になります。

運動すると幸せホルモンの「セロトニン」が出て、気持ちを明るくしてくれるらしいんです。
幸せホルモンの力を借りて、ポジティブシンキングで乗り切りましょ!

3. 時間が潰れる

ただの筋トレではなく、筋トレプログラムに参加すると時間も潰れます!

自分でなんとなくやるだけの筋トレだとすぐ終わってしまいませんか?
そんなときは、ちゃんとしたプログラムに参加すると、1日30分〜1時間ほどかかります。

私のおすすめのフィットネスYouTuberは日本人だと竹内まりなさんで、海外だとChloe Tingさん。
それぞれ「腹筋強化」「お尻強化」などいろんな動画があるので、目標を決めてやってみると楽しいです!Chloe Tingさんはガッツリ1ヶ月ほどのプログラムもやってます。

浮いた交通費の使い道を考える

遠距離恋愛は、交通費の大きな出費がつきものですよね。
でも、会えない今はお財布がほくほくしている人も多いはず。

そんな浮いた交通費の使い道を考えるのも楽しいかもしれません!
この状況が終わったときに2人で行く旅行の話をしたり、お互いにプレゼントを贈りあったり。

ちなみに、個人的にはビデオ通話をレベルアップしてくれるプレゼントがおすすめです。

ちょっと良いWebカメラとかマイクとか。

おわりに:工夫すれば乗り切れる!

「次いつ会えるか分からない」なんて、遠距離恋愛の最大の敵ですよね。
でも、考え方次第で、意外とこの困難を乗り切れるかもしれません。いや、絶対乗り切れる。

早く情勢が落ち着きますように…。

〜この記事を書いた人〜
きこ

共感できる記事を求めてなんでもググる派。記事LPライター・SEOライターです。慶應経済。詳しいプロフィールは名前のリンクをクリック!

きこをフォローする
ネット恋愛×国際恋愛
スポンサーリンク
この記事をシェアする
きころぐ
タイトルとURLをコピーしました