シドニーに7時間!短い滞在でも満足できる旅にする方法!

ライフスタイル

8月の暑い日本から脱出して、ずっと行きたかったオーストラリアに来ています!

基本は友達のいるキャンベラに滞在するつもりなのですが、シドニーも見てみたかったので、日本-シドニーの航空券をとりました。キャンベラへはバスでいくことにしました。

朝の8:30にシドニーに着く飛行機で、17:00発のキャンベラ行きのバスまでおよそ「8時間半の自由時間」でどれだけシドニーを満喫できるのかが勝負でした。しかも、空港で手続きを終わらせて、シドニーセントラル駅に出てくるまでで1時間半かかるので、実質観光に使えるのは7時間です。

今回は私がシドニーの実質7時間の滞在を充実させた方法と訪れた場所を紹介していきます!

事前準備がものを言う!

短時間しか滞在できないときは、なるべく観光に時間を割けるように準備などはスムーズに終わらせたいもの。

考えるべき要素としては、
・服装
・荷物
・次の目的地への交通手段の手配・出発地
・インターネット接続・地図
 です。

服装

オーストラリアは日本と正反対の季節ですので、出発時の格好のまま観光するというわけにはいきません。私は夏の日本から冬のオーストラリアに行ったので、日本の空港で飛行機に乗る前に着替えておきました。飛行機の中寒いですしね。

荷物

荷物に関しても、一日中スーツケースを持ち歩くなんてことは大変ですので、どこかに預けておきたいですよね。事前にオンラインで手配するとすごくスムーズに進みます。
私が使用したウェブサイトや予約方法などは別の記事で詳しく説明しています!

次の目的地への交通手段の手配・出発地

また、シドニーから次の目的地のキャンベラまでのバスもオンラインで事前に手配しました。
そうすることで、お安くすみますし、時間が分かっているのでギリギリまで観光できますよね。使ったウェブサイトはMurraysです。38AUDで予約できました。もっと早く予約すると18AUDでシドニーからキャンベラまで行けることもあります。

そして、時間がないからこそ工夫するべきなのが次の目的地への交通手段の「出発地」です。
私はシドニーセントラル駅周辺で観光したかったため、シドニーセントラル駅出発のバスを予約しました。移動時間をなるべく短くする作戦です。

インターネット接続と地図

私はポケットWifiやSIMカードなどを手配せずに旅行することに決めていました。筋金入りの方向音痴なのに。

出発前にネット接続の手配をしっかりしていくか、オフラインマップをダウンロードすることをおすすめします。迷子になって、短い滞在の時間を無駄にすることは避けたいものですよね。私がダウンロードしたのはMAPS.MEというアプリです。

旅の目標をはっきりさせる

さて、荷物も預けて身軽になったところで観光開始です。

7時間しか滞在できないとなると、全てを見ることは難しいので、旅のテーマを何にしたいかを決めることで満足できる滞在になります。
グルメなのか、有名な観光スポットなのか、博物館巡りなのか、地元の雰囲気を感じたいのか。

私の今回の短い滞在の目標としては「町の雰囲気をみる」「主要な観光スポットに行く」の2つです。
観光スポットだけをいろいろ巡るよりも、地元の空気感を感じながら旅行することに重点を置いていまし
た。

7時間でシドニーでできたこと

私の旅の目標は「町の雰囲気を見ること」と「主要な観光スポットに行く」なので、移動は全て「徒歩」にしました。

移動している間に町の雰囲気がわかって楽しかったです!歩行者の信号が変わるときに、日本では青がチカチカしますが、シドニーでは赤がチカチカしたことなど、小さな発見がたくさんありました。

空港からセントラル駅

まずは空港からセントラル駅まで行きました。券売機で$19.40のCentralまでの片道切符を買いました。カードも使えます。このチケットを改札でタップして、電車に乗って20分ほどで着きました。

Opalカードは買っていません。シドニーには1日だけなのでいらないということと、一度買ってしまうと最後に余ったチャージ金額はどうなるんだろう?払い戻しあるのかな?という不安があったのでSingle tripのチケットを買いました。

シドニー空港駅

セントラル駅の前の景色

シドニーセントラル駅についたら、予約してあったところに荷物を預けて、散策開始です!

いい天気で暖かかったので、ダウンを脱いで軽装で歩けました。短い滞在の時に天気がいいことは大事ですよね!

まずは、オペラハウスとハーバーブリッジが楽しめるサーキュラーキー(Circular Quay)に向かいます。

セントラル駅からサーキュラーキー(Circular Quay)

サーキュラーキーに行くのには徒歩で1時間かかりました。
バスや電車もありますが、歩いた方がサーキュラーキーに行く途中でもいろんなものをみられると思ったので歩きました!
事前にダウンロードしていたオフラインマップを見ながら、迷わないように気をつけて歩きました。

歩いて移動したことで、途中で見るつもりのなかったところも観光することができました。

セントラル駅からサーキュラーキー駅までの道もかなりシンプルです。ずっと真っ直ぐ北に進むだけなので、緊張せずに景観を楽しむことができます。

サーキュラーキーについてから、ハーバーブリッジとオペラハウスの写真を撮りに行きました。

さすが観光名所。一番人がいて、遠足で来ている学生達も多くいました。そういうシーズンだったのかもしれません。

シドニー王立植物園(Royal Botanic Gardens)

さて、サーキュラーキーを楽しんだあとは、セントラル駅の方角にゆっくりと帰っていきます。
私はシドニー王立植物園(Royal Botanic Gardens)の中を南に下っていきました。

カワセミ

コーヒー豆

お昼は公園の中にあるカフェのサンドイッチ。カード使えます。

ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(Art Gallery of New South Wales)

シドニー王立植物園を下っていくと、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(Art Gallery of New South Wales)があります。基本入場料は無料です。入り口で大きい荷物を預けてから入ります。

絵画に関する知識に乏しい私の感覚ですが、オーストラリア人は楽観的なのかな?というような作風が多くて面白かったです。

鳥をモチーフにした絵画がいくつかあったり、色使いや筆使いが明るく、特徴が出ていて興味深い美術館です。

セントラル駅周辺の散策

ベルモアパークやハイドパークも通り、ゆっくりセントラル駅に向かいます。
私はセントラル駅についてもまだ1時間ほど時間があったので、ダーリングハーバー(Darling Harbor)のあたりまで歩いていきました。

テクノロジー・シドニー大学も通ったので、地元の学生を見ることができたり、キャンパスには入りませんでしたが、大学周辺の雰囲気がわかりました。
観光スポットをめぐるだけでなく、歩き回ってみると地元の雰囲気がわかって楽しいです。

おわりに

7時間しか自由時間がないなかでも、満足できる旅となりました。
やはり事前準備をしっかりしていたことで、タイムロスがなく、割とゆっくりと見て回れたのだと思います。

旅のテーマを何にするかによって、バスや電車を使えばもっと多くのところを回ることができます。
ちょっとシドニーに寄る人や、日帰りで旅行をする人など、ぜひ参考にしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました