一重まぶたが外国人に好まれるって本当?アジア顔も良い!

転校・留学・海外

二重まぶたの方がぱっちりして可愛らしくて、一重まぶたは腫れぼったくてさえない感じ。
そんなイメージを持っていませんか?

確かに、日本で人気の芸能人のほとんどが二重か、たまに奥二重。
一重の子はアイプチやプチ整形などで二重にしていることが多いですよね。

私自身腫れぼったい一重ですが、よく「二重にしたら可愛いのに~」と言われていました。
いやそれどう言う意味?と思いながらも(笑)、今まで一度も二重にしたことがありません。
それは、自分の一重の目が好きだから。ずっと日本にいたら一重の良さに気づかなかったかもしれませんが、留学をきっかけに「外国で一重は好まれる!」とわかったことが自信につながりました。

この記事には、「アジア人らしい顔を持つ人に自信を持って欲しい!」という私の願いが込められております!(ちなみに私は鼻が超低く、平べったい顔で、腫れぼったい一重で、黒髪です)

そもそもなぜ二重まぶたが好まれているのか?

まず、なぜ日本で二重まぶたが可愛いと思われているのでしょう?

二重まぶたの方が目が大きくぱっちりして見えるから、ですよね。
ではなぜぱっちりしている目の方が美しいとされているのでしょう?

実はこれ、ぱっちりとした目が「白人の目に近い」ことが理由としてあげられます。
よく雑誌などでも「外国人風ヘア」「ハーフ風メイク」などが特集されますよね。
日本では欧米文化が優位に立っている節があり、白人の顔に近いほど美しいという美意識なのです。

「外人さんみた~い」といわれたら褒め言葉として受け取りますよね。
外人(ほとんどの場合白人)のようだということがいいこととして捉えられている証拠です。

一重の魅力

でも日本で二重が良いとされていることには変わりないのだから二重になりたい!と思う一重の方も多いはず。どうしても自分の一重に自身がもてない方は一度白人に囲まれてみてください。

私は高校の時に留学していましたが、褒められるのは必ずこの一重で腫れぼったい目でした。
日本ではごく普通の見た目ですが、「カワイイ!一緒に写真撮ろう!」と言われることもありました。
ただアジア人顔というだけで気に入ってくれる人がいるものなんですよね。

日本で日本の美のスタンダードに当てはまっていないことには変わりないのですが、それでもなんだか自信が持てるようになりました。

自信がある人って綺麗だと思いません?自分の一重が嫌だと思っている人と、「これはこれでいいかも」と思っている人ではメイクの仕方とかも変わってくるんですよね。

二重に近づけたメイクをすると、まあ目はぱっちりするのですがどこか不自然。
すっぴんになった時のギャップがすごくなってしまうのも個人的には思うところがあります。
でも、一重の目に自信を持てている人は、自分のありのままの目を美しくみせるメイクができます。
ないものを作り上げるよりも、あるものをより美しくした方ががステキだと思いませんか?

また、白人と話すと、目の大きさを気にしている人があまりにいなくて驚きます。

日本に住んでいるスイス人の友人は、「目が大きいね!」と日本で言われ続けていたようなのですが、それが何を意味しているのかわかっていませんでした。
彼は「そりゃ僕ヨーロッパ人だし目大きいよ?」という事実確認くらいに受け取ってました笑 
褒め言葉だと気づいていなかったんですよね。それくらい目の大きさってどうでもいいものなんです。

美のスタンダードって、同じ日本の中でも個人によって違いますよね。
だったら自分に自信を持って、自分が一番自分らしく輝ける道を探りたいもの。
世間一般の意見を気にしてコンプレックスに思うよりも、自分のことを受け入れてあげたほうが断然楽しいですよ!

一重には一重の魅力があるんです。

平べったい顔

一重まぶたもコンプレックスに思う必要がないと思うのですが、同時に低い鼻や平べったい顔も、気にしなくていいと思います。

私、あまりに鼻が低くて、鼻筋とかむしろもう無いのですが、これも留学に行ったことで自信がつきました。
二重まぶたが好まれるのと一緒で、日本で高い鼻が美しいとされているのは「白人に近いから」です。「白人っぽい=美しい」という式ができてしまっているんですよね。

留学に言ったときに鼻が高い友達がいたので「鼻高いね!」と褒め言葉のつもりで言ったら、すごく嫌がられたことがありました。みんな鼻が高い人種においては、むしろ鼻が高いというのはあまり好まれないことのようです。

結局バランスですよね。自分の顔には何が似合うか、ということ。
鼻が低いか高いかとか、顔に凹凸があるか無いかとか、どうでもいいんです。
やっぱり美のスタンダードは個人でも文化でも違うのですから、あまり気にしても意味がありません。

黒髪もステキ

あと、留学に行って特にいろんな人に褒められたのが「黒髪ストレート」です!

特に白人の髪の毛は、一本一本が細くふわふわで、ウェービーなことが多いですよね。
しかも金髪とか綺麗な茶色とか、色のバリエーションもあってキレイ。

だけど、アジア人のようにサラサラで、ストンと落ちるストレート強い髪の毛は白人にはなかなか生えてきません。真っ黒の髪の毛もレア。

日本ではみんな黒髪だし、おしゃれさんは髪の毛を染めていることが多いので、黒髪に野暮ったいという印象を持っている人も多いでしょう。でもやっぱり黒髪も、ところ変われば貴重な存在

実は白人が髪の毛を黒髪に染めることもあるんです。
ただやはり不自然に見えてしまうので、エモというジャンルの人たちに多い髪色です。

白人が黒髪になると不自然に見えがちというのも、黒髪もいいかもと思う理由です。
白人の肌の色には地毛でない限り、なかなか黒が似合いにくい。ということは、私たちの肌の色は黒髪に似合うんじゃない?と思うのです。黒髪か茶髪とかですかね、私たちに似合いやすいのは。

アジア人でも金髪とかカラフルな髪の毛が似合っている人もいますけどね。
いやあ、私には真似できない。似合うのすごいですよね。

留学先の(白人の)同級生が髪の毛を黒く染めたとき、なんだか自分の髪色に自信が持てました。
染めたい人もいるような髪色なんだな、私は地毛がこれでラッキーだな、と。

おわりに

ところ変われば美のスタンダードも変わります。
万国共通の美のスタンダードって結局「表情」くらいしかないんじゃないでしょうか。

自分の顔に自信を持って、明るい表情をしていた方が美しいと思うんです。
自分の顔を変えるのではなく、ありのままの顔を一番美しく見せる方法を探せばいい。

一重まぶたも、低い鼻も、凹凸のない顔も、ステキ。
みんな違ってみんないい。それぞれにいろんな魅力があるものです。

▼アジア人として海外に住むことについてや、子供たちに他の人と見た目が違うことについてどう説明するかなどについて、母が別の記事で少し書いています。▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました