Amazon Prime Studentは映画・ドラマ見放題で月間250円!まずは【60日間無料体験登録】! >>

【お金は概念】何のために稼ぐの?私は自分の好きなことをして生活したいという話。

「大企業に就職したい」「年収が高いあの国家資格取ろうかな」

将来のことを考えると、そんな考えが浮かびますよね。私もつい最近まで、高収入を得られるからという理由で公認会計士の勉強をしていました。

でも「お金を稼いで何になるの?」という疑問にしっかりと向き合ってから、「好きなことをして生きたい」という考えに変わりました。

そこで今回は「お金はただの概念だから、好きなことをして生きる」という考え方もあるということをシェアしていきたいと思います。

スポンサーリンク

本当にその高給取りの仕事をしたいのか?

何だか自然と「たくさん稼げる職に就きたい」と思ってませんか?

そりゃ、ほとんど働かずに大金が手に入ったら嬉しいですよね。しかし残念ながら現実世界ではなかなかそうはいかなくて、高収入を得るためにはたくさん働くか、それなりのスキルを身に付けないといけません。

好きなことをしていたらお金を稼げるようになった、という人ももちろんいます。
でも、「稼げる仕事をしたい」という考えで仕事を探すとき思いつくのは、大企業に入って昇進したり、資格をとって開業したりということではないでしょうか。

そういう仕事って「稼げるから」やりたいわけであって、その仕事で安定収入・高収入を得られないとしたらやりたくないと思いませんか?
お金をもらえるから、ある意味イヤイヤやってる仕事ではないでしょうか。

「やりたい仕事」ということだけで仕事を選べるのなら、他にやってみたいものはあるけれど、それでは給料が低かったり安定していなかったりするのかもしれません。
「高給取り」という社会的ステータスがその仕事のやりがいになってるということもあるかも。

いずれにせよ、高給じゃなくなったとしてもしたい仕事をしている人は少ないんじゃないかなと思うんです。

何のためにお金を稼ぐのか?

では何のためにお金を稼ぐんでしょう?
生活するため、娯楽に使うため、いざというときの予備資金、老後資金…。
要するに、楽しい生活をして、安定した将来を築くためですよね。

そのためには「一定の金額」しか必要ないんです。
ある程度自分が満足できる生活を送れて、将来の安定も確保できるような収入さえあればいいんです。

それ以上のお金はただの「概念」です。
通帳に載る金額の数字が変わるだけで、使わなければお金なんてあってもなくても変わらないただの概念。

結局、自分が満足できる生活を送るために必要な金額はある程度決まっています。
それ以上はいくらお金を持っていても自分の幸せ度にはそんなに関係ないんじゃないかなと思うんです。

ただ銀行の数字を増やすために、やりたくもない仕事をするのってどうなんだろう?と思うわけです。

やりたい仕事をしていたらどうなるか

お金は概念といえど、この社会で快適な生活を送るためには稼がないといけないのは事実です。そこで仕事を探すときに、「必要以上のお金はただの概念」という考え方があると、ある程度稼げる仕事なら「何でもいい」という選び方ができるんです。

「たくさん稼ぐ」という曖昧な目標ではなく、自分が快適な生活を送るために必要な金額を稼げる仕事をする、と考えると職業の幅が広がりませんか?

大企業に勤めて、どの部署にあてがわれるかもわからないけど安定が手に入るのがいいですか?それとも、自分が好きな仕事をして必要なだけお金を稼げる方がいいですか?

自分がやりたいという仕事をできれば、人生楽しいんじゃないかと思います。

人生を「仕事をしている時間」と「自由時間」に分けるとします。
自由時間は自分の好きなことをできるので楽しいですよね。
その上、仕事も自分がやりたくてやってるんなら最高じゃないですか。
人生ほとんど自分がやりたいことをやって過ごせるんですよ。

私は、ただの概念であるお金を稼いで満足した気になっているよりも、人生で自分の好きなことをしている時間を増やして、必要最低限のお金を稼げる生き方をしたいと思うんです。

まとめ:「足るを知る」という言葉

給料がいいからという理由だけで選んだ職業も、やりがいに変わって楽しく仕事をできることはあると思います。それはそれでとっても素敵ですよね。

でも、やりたくもない仕事をただお金がもらえるからというだけでやるのは嫌だな、と個人的には思うのです。私は「稼げるから」というだけで仕事を選びたくないと思います。起きてるうち半分くらいは仕事をするわけですから。

ある程度稼げれば、あとはなんとかなる。
限りある人生をできるだけ好きなことをして過ごしたいなと思います。

中国の老子の「足るを知る」という言葉の考え方と同じです。
どこかの地点で満足しないと「もっともっと」と人は求め続けられるんです。
でも、「足る」を知っていれば、自分が本当に豊かな生活を送るために必要な選択ができるんじゃないかなと思うのです。

〜この記事を書いた人〜
きこ

共感できる記事を求めてなんでもググる派。
人とおしゃべりしているように記事を読みますし、そういう風に書きたいです。詳しいプロフィールは名前のリンクをクリック!

きこをフォローする
心のはなし
スポンサーリンク
この記事をシェアする
きころぐ
タイトルとURLをコピーしました