【お金は概念】何のために稼ぐの?私は自分の好きなことをして生活したいという話。

将来のことを考えると、こんな考えが浮かびませんか?
「大企業に就職したい」
「年収が高いあの国家資格取ろうかな」

私もつい最近まで、高収入を目指して公認会計士の資格の勉強をしていました。

でも「お金を稼いで何になるの?」という疑問にしっかりと向き合った結果、「好きなことをして生きたい!」という考えに変わったんです。

そこで今回は「お金はただの概念だから、好きなことをして生きる」という考え方をシェアしたいと思います!

スポンサーリンク

本当にその高給取りの仕事をしたいのか?

なんだか自然と「たくさん稼げる職に就きたい」と思っていませんか?

そりゃ、はたらかずに大金が手に入れば誰だって嬉しいです。
でも現実はそう簡単ではなくて、高収入を得るためには、長時間労働するか、高いスキルを身に付けないといけません。

好きなことをしてお金を稼げる人も、もちろんいます。
でも「稼げる仕事をしたい」と思って考えつくルートは大抵、大企業に入って昇進したり、資格をとって開業したりというもの。

でも、そういう仕事って稼げるからやりたいだけで、同じ仕事で安定収入・高収入を得られなければやりたくないと思いませんか?
お金のために、ある意味イヤイヤしている仕事なのかも。
高給取りという社会的ステータス=仕事のやりがい、と感じる人もいるかもしれませんが…。

「やりたい仕事」という基準だけで仕事を選べば、他にやってみたい仕事はある。
でも、それでは給料が低かったり、安定していなかったりするから諦めている、という人も多いのかもしれません。

お金を稼げなかったとしても続けたい仕事をしている人は、じつは少ないんじゃないかなと思うんです。

何のためにお金を稼ぐのか?

では何のためにお金を稼ぐのか?
生活するため、娯楽に使うため、いざというときの予備資金、老後資金…。
どれも要するに、楽しい生活をして安定した将来を築くためですよね。

でも実は、楽しい安定した生活をするためには「一定の金額」しか必要ない。
ひと月20万?30万?金額は生活スタイルによって変わりますが、自分が満足できる生活に必要な金額があるはず。

それ以上のお金は、ただの「概念」です。
通帳に載る金額の数字が変わるだけで、使わなければお金なんてあってもなくても変わらない。

結局、自分が満足できる生活に必要な金額はある程度決まっています。
それ以上は、いくらお金を持っていても自分の幸せ度にあまり関係ないんじゃないかな。

銀行の数字を増やすためだけに、やりたくもない仕事をするのってどうなんだろう?と思うわけです。

やりたい仕事をしていたらどうなるか

お金は概念といえど、この社会で快適な生活を送るためには稼がないといけない。
だから職は必要です。でも「必要以上のお金はただの概念」と考えれば、仕事探しの方法も変わります。「ある程度稼げる仕事なら何でもいい」という選び方ができる。

「たくさん稼ぐ」という曖昧な目標ではなく「快適な生活に必要な金額を稼ぐ」と考えると職業選択の幅が広がりませんか?

大企業に勤めて、どの部署に所属するかも決められないけど安定が手に入るのがいいですか?
それとも、自分が好きな仕事で必要なだけお金を稼げるのがいいですか?

自分がやりたい仕事をできれば、人生楽しいんじゃないかと思います。

たとえば人生を「仕事をしている時間」と「自由時間」に分けるとします。
自由時間は自分の好きなことをできて楽しいですよね。
その上、仕事も楽しめるんなら最高じゃないですか。
人生のほとんどを自分がやりたいことをやって過ごせるんですよ。

私は、ただの概念であるお金を稼いで満足した気になっているよりも、自分の好きなことをしている時間を増やす生き方をしたいと思うんです。

まとめ:「足るを知る」という言葉

給料がいいからという理由だけで選んだ職業も、やりがいに変わって楽しく働けることはあると思います。それはそれで、とっても素敵です。

お金に余裕があると安心できるだろうし、お金がかかる新たな趣味に没頭できるかも。
お金を稼ぐことが趣味のように楽しい人もいる。
家族を養うために、安定と高収入が必要かもしれない。
人によって状況は違います。

でも個人的には、ただお金がもらえるからという理由だけでやりたくもない仕事をするのは嫌だな、と思うのです。私は「稼げるから」というだけで仕事を選びたくないと思います。起きてるうち半分くらいは仕事をするわけですから。

ある程度稼げれば、あとはなんとかなる。
できるだけ好きなことをして限りある人生を過ごしたいなと思います。

中国の老子の「足るを知る」という言葉の考え方と同じです。
どこかの地点で満足しないと「もっともっと」と人は求め続けられるんです。
でも「足る」を知っていれば、自分が本当に豊かな生活を送るために必要な選択ができるんじゃないかな。

〜この記事を書いた人〜
きこ

共感できる記事を求めてなんでもググる派。記事LPライター・SEOライターです。慶應経済。詳しいプロフィールは名前のリンクをクリック!

きこをフォローする
マインド
スポンサーリンク
この記事をシェアする
きころぐ
タイトルとURLをコピーしました