【早慶どっち?】現役慶應生が「早稲田に通えばよかった」と思う瞬間。

早稲田大学と慶應義塾大学のどちらに進学するか迷う方は多いのではないでしょうか?
「早慶」とまとめられるほど、同じカテゴリーの大学として捉えられています。

私も早稲田と慶應と両方に合格し、進学先を選んだ1人です。
そして現在、慶應義塾大学に通っています。

慶應に通っていて、「早稲田にすればよかった!」と思う瞬間があります。
私自身、大学を選ぶとき知らなかったのですが、「立地」がとても重要な考慮すべき条件だと思うので、この記事で紹介します!

ちなみに、私は文系学部に在籍しています。理系の人には当てはまらないかも?

スポンサーリンク

正直、どちらでも特に違いはない

「大学生活がどう違うか」という意味ではとくに違いを感じません。
結局、大学の制度や授業の良し悪しではなく、自分がどう過ごすかが大切なんだと思います。

慶應はお金持ちが多くて、キラキラしていて、パリピで。
早稲田は地方から人が集まっていて、ワセジョは地味で。

こういうイメージは後付けだと思います。
キラキラ大学生も、地味大学生もどの大学にもいます。
違いがあるとすれば、どちらが目立って見えるかというだけ。

例えば、キラキラした子が慶應にいれば「慶應っぽい」と言われて、そうでない子たちは目に入らないだけだと思うんですよね。
だって、教室を見渡せば地味な子もキラキラしている子もどちらもいます。
どちらに注目して「〇〇大学っぽい」というかの違いで、実際は大した違いはなさそうです。

授業に関しても、大学の違いよりも「どんな授業を履修するか」が大事です。
大学は教授によって授業の進め方が違います。
なので、「どの大学」よりも「どの教授」の授業かが選ぶポイントなんです。

もちろん、在籍している教授は大学によって違います。
でも、入学する前から教授を基準に大学を選べるなら、早慶で迷わないですよね。

授業にも人にも大した違いがないなら、何で選べばいいのさ?

実は、「立地」がめちゃくちゃ重要なんだよ。

「立地」の重要性を見誤るな!

本当にわかりやすい違いが出るのは「立地」だと思います。
私が大学を選ぶときも立地の大切さを誰かに教えて欲しかった、、

慶應は、多くの学部が日吉と三田にあり、早稲田は高田馬場にありますね。
慶應は、文学部以外の文系学部は1、2年生の時は日吉で、3、4年生になると三田のキャンパスに通うことになります。

大学の外で何を学ぶか:インターンのすすめ

大学の授業で得られる知識は限られています。教授は研究者であり、教えることが得意でない人もいるので、4年も通っていれば授業がおもしろくないと感じることもあるかと思います。

遊んでいたって単位は取れる。
一年通って「あれ?私大学でなにを学んだんだろう」と思ってしまうのが現実。

でも、大学時代は時間があるし、なにか自分のためになることをしたいものです。
就活や自分のキャリアのために、大学時代を有効活用しないともったいないです。

さて、そこで考えるのが「長期インターン」

私もインターンをしていますが、とても自分が成長していると感じます。
実際に業務に携わらないと得られない知識と経験を得ることができ、社員の方と同じ職場で働くことで、社会人としてのマナーも身につきます。

もちろん給料も出るので、長期インターンはタメになるアルバイトみたいな感覚です。

大学を卒業して就職してしまえば、気軽に転職をすることはできなくなります。
でも、大学生のインターンとしてなら色々な業種を体験することができる。大学生の特権です。

ちょっと話がずれましたが、とにかくインターンは絶対にした方がいいと思うのです。
そこで、大学の「立地」がとても重要になってきます。

インターンのシフトのあり方

慶應に通っている私は、大学の立地がインターンをする上での大きな障壁となっています。

1、2年生のうちは授業が多く、一日中授業がない「全休」を作ったり、午前中にだけ授業を集めたりなどの調節はなかなかできません。

そして、飲食店などと違って、通常の会社で働くインターンでは、社員が必ずいる時間帯にしかインターンのシフトを入れられません。定時が17時の会社でインターンをするなら、17時までしかシフトを入れられないのです。

この場合、例えば最低3時間のシフトを入れるとしたら、14時には勤務開始しなければいけません。すると、多くの場合は午前中の授業から直行するしかないので、大学に近いインターンを探すしかなくなるわけです。

インターン求人が多いのは「早稲田」の周辺

日吉に通って、神奈川のインターンをすることもできるかもしれません。

でもやっぱりインターンの求人が多いのは東京方面です。
分がやりたい業種を探しやすいのは「早稲田生」だということです。

早稲田のキャンパスは、大学帰りにインターンができるほどオフィス街に近いです。
移動時間を取られないことは、インターンをする上で大切な要素と言えます。

慶應でも、三田キャンパスに通えば東京のオフィス街に近いです。
でもそれは(文学部以外は)3、4年生のときの話ですよね。
就活を見据えずに、挑戦したいことにどんどん取り組めるのは1、2年生のあいだ。
このゴールデンタイムにインターンをしにくいのはネックとなる可能性があります。

おわりに:インターンは就活に有利なのか?

「でも私インターンする気ないし……」という人はそれでいいと思います。
サークルや部活に没頭したり、夜までできるアルバイトをするのも、大学生活を充実させる手ですよね。

でも、インターンって結構楽しいし、本当にタメになるので、入学前から「インターンをするという選択肢」を考えておくといいと思います。
大学選びをするときに「立地」がいいかどうかは、インターンができるかどうかに直接関わってきます。

長期インターンをすることが就活に有利なのかどうかはわかりません。
経験はあるに越したことはないと思いますが、企業によって欲しい人も違うでしょう。
インターンを全くやらずに有名大企業に就職した先輩も多くいます。

でも、自分がやりたい業種を見つける上で、インターンを通して会社や業務内容をのぞき見ることができるというのはプラスです。
なんとなく決めた仕事よりも、自分がやりたいと思ったことを仕事にする方が楽しそうだと思いませんか?

早くから長期インターンに取り組むと、自分が本当にやりたいことを探せるのだと思います。

まあ、とにかく、大学を決める上で「立地」の大切さを見くびるな!という話でした。

▼長期インターンをおすすめする理由についても語っています▼

〜この記事を書いた人〜
きこ

共感できる記事を求めてなんでもググる派。
人とおしゃべりしているように記事を読みますし、そういう風に書きたいです。詳しいプロフィールは名前のリンクをクリック!

きこをフォローする
学習方法
スポンサーリンク
この記事をシェアする
きころぐ
タイトルとURLをコピーしました