新SAT1480点とった私のおすすめ勉強法!単語ノートと英英辞書。英語の勘を養おう(前編)

学習方法

私は帰国子女枠で大学受験をするためにSATを受験しました。
アメリカの教育システム(AP)を選択し勉強していたので、非英語圏滞在でしたが、SATが必要だったのです。

英語で授業を受けたのは2年程度と、帰国子女枠で受験する生徒の中ではかなり短い方でした。
それでも、1480点取得することができました。今回は、私がどんな本、勉強法、ウェブサイトを使ったのかをお伝えしていきます。

英語が得意ではないけどSATで高得点を取らないといけない人、英語は話せるけどテスト形式で高得点を取れるか不安な人、皆さんの参考になればいいなと思います。

帰国子女受験をする上で、なぜ統一試験で高得点を取ることが重要なのかは別の記事にまとめてあります。モチベーションが上がらない人はまずこれ↓からみてね!

SATの勉強には3種類ある①単語を覚える②問題を解けるようになる③数学

まず、SATにはEvidence-Based Reading and WritingとMathの2つのセクションがあります。
簡単に言うと英語と数学ですね。各800点満点で2つ合わせて全体で1600点満点です。

このEvidence-Based Reading and Writingでいい点数を取るためには、2つのアプローチで勉強していく必要があります。
語彙を増やすことと、問題の形式に慣れることです。

問題の形式に慣れるというのは、長文を読むこともそうですが、何を問うているのかも正確に分かるようにならないといけませんし、いわゆる国語力・読解力も必要になってきます。

言語を理解できるようになって、やっと問題を解けるようになるということです。

SATはTOEFLなどと違って言語能力を試す試験ではありません。学力を試しています。なので、言語だけにとらわれていると点数が伸び悩むと思います。

単語ばかり覚えていてもいい点数は取れないし、かといって問題ばかり解いていても同じです。大事なところは押さえつつ、バランス良く勉強していくことが大切です。

SATの勉強には①単語を覚える②問題を解けるようになる③数学の3種類の勉強があるということですね。

それでは、私はどうやってこの3つに取り組んだのかを見ていきましょう!

単語を覚えるには

「単語ノート」を作ろう

私は少しずつ語彙を増やすために「単語ノート」を作っていました。

帰国子女入試のためにSATを受験する皆さんは今英語で授業を受けていると思います。
そして、授業中に出てきた単語で分からないものも多いのではないでしょうか。

生が使った言葉、教科書に出てきた言葉、宿題で出てきた言葉など、なんでもいいので分からない単語はノートに書き留めてみてください。

進んでいく授業の中で、いちいち知らない単語の意味を調べるのは難しいです。
先生が口頭で使った単語の場合は綴りを当てるところから始めないといけないですからね。もし知らない単語が出てくるたびに意味を調べていたら、肝心の授業の成績に影響しかねません。

そこで、知らない単語「のみ」をノートに書き留めることをおすすめします。

意味はその場で調べなくてもOK。授業に集中していて、同じ単語を何度も書いてしまってもOKです。スペルがめちゃくちゃでも、カタカナで書いていても構いません。

「単語ノート」をその場に持っていなくても、授業のノートの端にメモしておくだけでもやっておきましょう。

これは私が留学して1年目に、歴史の授業のノートの端に書いていたものです。単語ノートは残っていませんでしたが、この写真はありました。

Unsubstantiated fearとかparanoiaという言葉を先生が使って、理解できなかったので、メモしてあります。
「心配しすぎ」と書いてあるのは、なんとなく、文脈で意味を当てていたからです。

このように、なんとなくでいいので文脈もメモしておくと後で便利です。この写真のものは合っていますが、カタカナがめちゃくちゃで(単語を聞き取れていなくて)、どんな単語か、綴りを当てられないこともあるので笑
ちなみに、Unsubstantiated fearは「根拠のない恐怖」でParanoiaは「被害妄想」という意味です。

こうやって、授業中に書き溜めた、訳の分からない単語のリストができます。
この単語たちを、時間のある時に訳して、単語ノートに書いておきましょう。

すると、授業中によく出る単語から少しずつ覚えることができます。
さっき同じ単語を何回も書いてしまっても構わないと言いましたが、それは、何回も書いてある単語は頻出だと分かるからです。

特に留学したての学生で、授業の内容を理解しきれない人にとってこれは効果覿面だと思います。授業の内容が分かるようになるのはもちろんですが、SATの点数も上がることが期待できます。

というのも、授業でよく出る単語は、SATを受験する上で基本的な単語なことが多いからです。先生たちが使う単語ということは、変に難しくて誰も使わない学術用語なんかではなく、実際に言語に定着している重要単語です。SATの出題者も当たり前のように使います。

SAT用の単語を勉強すると同時に、SAT用以前の基本単語を覚えていきましょう。

また、個人的には、この単語ノートは単語帳にする必要はないと思います。
たまに単語ノートを開いて、書いてある単語を眺めるだけでも割と覚えられるものです。

なぜなら、本当によく使われる単語であろうから。学校生活をしていたら、自然と覚えるような単語を書き留めているのが単語ノートです。

ただ、一度意味を調べないと覚えることはできないし、自分で使える単語にもなりません。だから、単語ノートに書いて、ちゃんと意味を調べることが大事です。

また、私は授業中に聞いた単語以外でも、英語の小説に出てくる単語も書き留めていました。
SATに頻出というわけでもないから、単語帳として覚えるのではなく単語ノートに書いただけでした。

頻出でもないのに単語ノートに書いたのは、SATは長文問題として小説も出題されるからです。物語に出てくる単語は意外と似通っているものです。
分からない単語はたーくさんあるので、全て覚えることはできないけれど、一度意味を調べることが大切です。
完全にスルーするのではなく、一度意味を調べてみると、なんとなくでも意味が想像できるようになってきます。

「一度意味を調べたことがある単語」を増やすと英語の勘を身につけられるのです。
単語ノートの活用は、この勘を養うのにも効果的だと思います。

英英辞書を使おう

単語ノートに言葉の意味を書き込むときも含め、普段から、英英辞書を使いましょう

英和辞書を使うなということではありません。単語をノートにまとめたり、単語帳にしたりするときは英和辞書が便利だと思います。

ですが、英和辞書のみを使うと、その言葉のニュアンスを計り違えることがあります。

英和辞書では、英語の単語に対応する日本語の単語が2つか3つ並んでいることが多いですよね。この日本語の単語の意味をあなたはきちんと理解できていますか?

学術的な英語を調べると、当然学術的な日本語で訳されます。
母国語なので、なんとなく意味が分かったような気がして、そのままにしてしまうことが多いと思います。

ですが、実際にその単語で例文を作れますか?例文を作れないとすると、それは理解した気になっただけです。理解した気になっただけだと、その単語の意味はすぐに忘れてしまいます。定着しません。

英英辞書を使うことで、もっと噛み砕いた表現で単語の意味を知ることができます。
本当に理解できるようになるので、覚えもはやくなります。

英語の勘を身に付ける上でも、英英辞書を普段から使うことは大切です。

参考までに↓Longmanの辞書が入ってるのがおすすめです。

英語の勘と単語数

この記事では主に「英語の勘を養う方法」を書いたみたいになりましたね。

実際、この英語の勘は大切です。SATでは様々な種類の長文が出題されるので、これに出てくる全ての単語を覚えることはほぼ不可能だからです。

英語の勘を養うことで、文章全体の意味が捉えられるようになってきます。

単語帳と向き合うようないわゆる単語の勉強も大事ですが、こういう地味な、コツコツした努力がSAT高得点につながります。

次の記事で、SAT頻出単語の覚え方と問題形式の慣れ方、数学の重要性について書いています。
続きはこちらをクリック↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました