父親の不倫を知ってしまった子供が取るべき行動は?経験者が語る

父親の不倫を知ってしまったとき、子どもはすごくショックですよね。母親や兄弟に伝えるべきか、このツラい気持ちはどうすればいいのか。今後の対応に悩むと思います。

私は15歳のとき父親の不倫を知りました。そのときはただショックで自分の中でなかったことにしてしまいましたが、今振り返ると、父親の不倫を知ったあのときどんな行動を取るべきだったか分かります。

そこで今回は父親の不倫を知ってしまった子どもが取るべき行動を紹介します。家庭によって、状況によって取るべき行動は変わりますが、あくまでも参考にしていただければ嬉しいです。

スポンサーリンク

父親の不倫を母親に話すか考える

父親の不倫を母親に伝える子ども

父親の不倫を知ってしまったとき、まず思い浮かべるのは母親の顔。母親に不倫の事実を話すべきか、悩むと思います。母親に話すか判断するために、以下について考えてみましょう。

父親の不倫を母親に伝える理由

父親の不倫を母親に伝える理由は以下が考えられるでしょう。

・母親が不倫を知ったら離婚したいだろうと思う
・母親には父親よりもいい男性との未来を歩んで欲しい
・母親には知る権利があると思う
→「浮気されていても知りたくない」と思う人もいれば、「浮気者とは一緒にいられない」と思う人もいます。パートナーの不倫を知りたいかどうかは、人によるんです。

子どもであるあなたが一番母親の性格を知っているはず。「お母さんはきっと知りたいはず」と思ったら伝えていいと思います。

でも母親に不倫の事実を伝える場合は、母親の悲しむ姿を見る覚悟をしておきましょう。母親の味方になって、サポートしてあげてくださいね。

・慰謝料を取れそうだから
→不倫は不貞行為と言って、民法上の不法行為です。そのため、妻である母親には慰謝料を請求する権利があります。すでに夫婦仲が悪い場合は、母親が父親に慰謝料を請求できるチャンスかもしれません。

・父親の不倫についてすでに知っていると思う
→妻は敏感です。もしかしたら母親はもう父親の不倫について知っているかもしれません。もしそうなら、あなたが母親の味方になって、母親と一緒にこの困難を乗り越えることができます。あなたは母親に相談でき、母親はあなたに相談できるでしょう。

父親の不倫を母親に伝えない理由

次に、父親の不倫を母親に伝えない理由を考えてみます。

・母親は父親の不倫の事実を知りたくないと思う
→先ほども述べたように、人によっては浮気されていることを知りたくないかもしれません。「知らぬが仏(ほとけ)」ということわざにあるように、知らないほうが幸せなこともあるのです。こればかりは母親の性格・価値観によるでしょう。

・これ以上トラブルを増やしたくない
・不倫を知っても、離婚できない
→すでに母親がストレスフルな生活を送っている場合、これ以上母親の負荷を増やしたくないと思うことでしょう。だから父親の不倫を母親に伝えない、というのも立派な理由です。

また父親の不倫を知ったとしても、経済的な問題で離婚できない夫婦も多いはず。母親に収入源がなく、財産分与をしたとしても将来が不安な場合、不倫を知っても離婚を選択できない家庭はあるのです。この場合、不倫を知っても何もできないから、父親の不倫を母親に伝えないという選択をできます。

・母親が悲しむ姿を見ていられる自信がない
→母親に父親の不倫を伝えると、母親は悲しむことでしょう。信頼していたパートナーに裏切られる気持ちは、想像を絶するものだと思います。そんな母親の姿を見たくない、というのも、母親に父親の不倫を伝えない立派な理由。まずは自分を守ってもいいと思うんです。

父親の不倫を兄弟に話すか考える

兄弟に父親の不倫を伝えるか考える

母親だけでなく、兄弟がいる場合は、父親の不倫を兄弟に伝えるかも考える必要があるでしょう。

兄弟に伝えれば、
・相談相手ができる
・母親の味方になる人が増える
・家族みんなでこの困難を乗り越えられる
というメリットがあります。

兄弟に頼りがいがある場合は、一人で悩まず相談してしまえばいいと思います。

でも例えば兄弟の年齢が小さい場合は、父親の不倫を知るショックは大きいもの。知ってしまった事実を隠すことで兄弟を守ることができます。

父親の不倫を母親に伝える場合は、母親と相談して兄弟に話すか決めるといいでしょう。

不倫した父親への気持ちの整理はどうする?

父親の不倫に対する気持ちの整理方法

子どもが父親の不倫を知ってしまったら、とてもツラい気持ちになるはず。15歳で父親の不倫を知ってしまった経験談から、気持ちの整理の方法をシェアします。

ツラいよね、傷ついて当たり前

父親の不倫を知るなんて、ツラくて、傷ついて当たり前です。

大好きな父親に初めて「気持ち悪い」という感情を抱くかもしれない。裏切られた気持ちで、悲しくて。誰を信じたらいいのか、分からなくなるかもしれない。

私は実際そうでした。父親の不倫を知ってからしばらく、泣きながら通学していました。一人になると涙がじわっと出てきた。4年後に両親が離婚するまでずっと、誰にも話せずにいました。多分、これまでの人生で一番悲しんだ経験です。

不倫は家族の信頼を裏切る、人として最低な行為です。子どもであるあなたは傷ついて当たり前。思いっきり悲しんでいい。そう知っておいてくださいね。

父親の立場を考えてみる

なぜ父親は不倫してしまったのか?父親の立場に立って考えてみると、気持ちの整理をしやすくなるかもしれません。

強いストレスがあった?家族にないがしろにされていた?考えてみれば、父親が不倫に走った理由が分かるかもしれません。

子どもである私たちは、これまで父親のことを「親」として見ていたと思います。でも父親も一人の人間です。人は間違いを犯すもの。あなたも私も、父親も、誰だって間違いは犯すのです。確かに不倫は人として最低な行為ですが、そんな不倫に走ってしまった背景を考えてみるといいかもしれません。

人は間違いを犯すものですが、その間違いをどう正すのか、どう償うのか。その対応によって、許されるか許されないかが変わるものです。

気持ちを紙に書き出してみて

父親の不倫を知ってしまった子どもは、様々な気持ちを感じているはず。多分、胸が苦しくなるくらい、ぐちゃぐちゃの感情。

そんな気持ちを整理するために「紙に書き出す」ことをおすすめします。父親が不倫をしている事実、あなたの感情、今後の対応。何も考えずに、とにかくバーっと頭の中を書き出すんです。

モヤモヤを整理しやすくなり、今後の対応についてもクリアに見えてくると思いますよ。

一人で解決しようとしないこと

父親の不倫は一人で解決しないこと

父親の不倫を一人で解決しようとしないでくださいね。

相手は大人、一人で立ち向かわないで

一人で不倫相手に話しに行ったり、証拠を掴もうとしたり。一人で父親の不倫を解決しようとはしないこと。

相手は大人です。大人のずるさで言いくるめられて、あなたがもっと傷つくかもしれません。しかも正直、既婚者と不倫をするような人は正気ではありません。想像力や思いやり、常識に欠けるかわいそうな大人なんです。そんな人に一人で立ち向かえば、どう反撃されるか分かりません。

母親にとっての幸せはきっと、あなたが自分を守ること。一人で解決しようとせず、人に相談してくださいね。

誰でもいいから、誰かに相談しよう

母親や兄弟、友達に相談するのが一番ですが、父親の不倫について誰にも相談できないこともあるでしょう。そんなときは、カウンセリングやインターネットを利用して、誰かに相談してください。

学校にはカウンセラーがいるはずです。カウンセラーはどんな相談も親身になって聞いてくれて、相談内容は秘密にしてくれます。恥ずかしがらず、気軽に相談してみてください。

人と対面で話したくない場合は、インターネットを活用するのがおすすめです。Yahoo!知恵袋発言小町などのQ&Aサイトに書き込んだり、ブログやTwitterを始めたり。なんでもいいので、人に相談してくださいね。

一人で悩んでいると治る傷も治らないんです。私がそうでした。父親の不倫を誰にも離さずにいた結果、ずいぶん引きずってしまったんです。誰でもいいので、誰かに相談してくださいね。

今はツラいけど、強くなれます

父親の不倫を知ってよかったと思う日が来るはず

父親の不倫を知ってしまうなんて、ツラいに決まってます。今は悲しいと思うけど、これを乗り越えたら強くなれますよ。

父親の不倫を知ってしまった15歳の自分に伝えたい。嘘のようだけど、あのときツラい思いをしてよかった。人の痛みを想像できるようになれたし、悩みを相談する大切さも知りました。

まずは誰かに相談して、今後の対応をゆっくり考えてみてくださいね。

〜この記事を書いた人〜
きこ

共感できる記事を求めてなんでもググる派。記事LPライター・SEOライターです。慶應経済。詳しいプロフィールは名前のリンクをクリック!

きこをフォローする
スポンサーリンク
マインド
この記事をシェアする
きころぐ
タイトルとURLをコピーしました