【画像あり】27インチのモニターは大きすぎ?→いいえ、でも注意点は多数!

先月デスクトップ型のパソコンを購入したので、モニターを購入しました。そこでかなり悩んだ点が、モニターのサイズです。24インチにするか、27インチにするか。モニターを購入する際に多くの人が悩むポイントだと思うので、今回は私の検証結果をシェアします。

私は悩んだ末「27インチのモニター」を購入し、快適に使用しています!27インチは大きすぎかなぁと悩んでいる方の参考になれば幸いです。

使用モニターは、MSIのこれです。

用途は、
・テレワーク時は会社のノートパソコンにつなげて外部モニターとして使用
・執筆作業
・簡単な画像編集
・映画やYouTubeなどの動画視聴
・ゲーム などです。

スポンサーリンク

24インチと27インチモニターの違い

まず24インチモニターと、27インチモニターの違いです。ややこしいのですが、モニターのサイズについて話すときに使うインチ数は横幅ではなく対角線の長さのことです。

ということは、
・24インチモニターの対角線は60.96cm
・27インチモニターの対角線は68.58cm

しかしこう言われてもよく分かりませんね。縦横比16:9の一般的なサイズなら、以下のようなサイズ感です。

・24インチモニター
 幅53.1cm×高さ29.9cm
・27インチモニター
 幅59.8cm×高さ33.6cm

27インチの方が、24インチよりも幅が「6.7cm」、高さが「3.7cm」大きいです。思ったよりも違いがないと感じる方も多いのではないでしょうか?

※上記はスクリーンの大きさなので、縁の太さやスタンドの高さによって実際のサイズや圧迫感は変わってきます。

27インチモニターのメリット

私は27インチモニターは大きすぎないと思っているので、大きいモニターのメリットばかりをひしひしと感じています。

なんでも迫力満点

27インチのモニターを購入すると、なんでも迫力満点で楽しめます。

映画もゲームも迫力満点。特にこれまで13インチのMacBook Airを使用していた私からすると、かなり変わりました。特にゲームでは視界が広がります。キャラクターの周りが広く見えるので、今まで見えていなかった敵やイベントに気づけるようになりました。

スクリーンタイムが長い方は、大きいモニターを買うと幸福度がちょっと上がると思います。

デュアルディスプレイがなくてもいい

私はこれまで自宅ではMacbook Air一台で作業していました。でもデュアルディスプレイがないので、作業のときに不便に感じていたんです。ウィンドウをスクリーンの左右に分けて使うと、一つ一つのウィンドウが小さくなりすぎて作業しにくかったり、そもそもアプリの切り替えをするのがめんどうだったり。

でも、27インチのモニターを導入してからは違います。デスクトップ型パソコンにモニターを一台だけつなげて使用しているので、今もデュアルディスプレイではありませんが27インチモニターを使用し始めてからは不便さを感じていません。

理由はやはり、作業スペースが大きいこと。例えばスクリーンを分割してウィンドウを二つ同時に表示しても、一つ一つのアプリが大きいままです。狭いスペースに窮屈に押し込まれている感じがせず、もうこれはほとんどデュアルディスプレイです。

私はあまり複雑な作業をしないからかもしれませんが、これまでデュアルディスプレイなしでも作業できていた方は、27インチモニターにするとデュアルディスプレイ並みの快適感を味わえると思います。

27インチモニターのデメリット

さてこれまで良いことばかり話してきましたが、27インチモニターのデメリットもあります。27インチは大きすぎかな?と思っている方はこういう点が不安なのではないでしょうか。

机の奥行きが70cm以上必要

27インチモニターを使用するためには、机の奥行きが70㎝以上は必要です。

モニターが大きいので、目との距離が近すぎるとモニターが視界全体に入らなくなってしまうのです。あまりモニターが目に近いと、目を大きく動かしたり首を動かしたりすることが多くなり、逆に負担がかかってしまう可能性があります。

そのため、27インチモニターを購入する場合は、目からの距離を60㎝以上取るといいと思います。そのためには机の奥行きが70㎝程度必要でしょう。

私の場合、机の奥行きが60㎝だったので、模様替えで机と合わせて70㎝にしました。

私の27インチモニターと机の奥行き

作業スペースが圧迫される

大きなモニターを使うと、机のスペースが圧迫されます。机の奥行きが70㎝以下の人は、モニターアームを使用してみるといいかもしれません。

机にモニターアームを設置すれば、モニターが宙に浮くので机の上がすっきりします。また、モニターを机に直接置くよりも目から離して設置できるので、机の奥行きが70㎝以下の人におすすめです。

デュアルディスプレイにする場合は特に、モニターアームは必須かもしれません。机に直置きすると(かなり大きい机でない限り)作業スペースが圧迫されてしまうと思います。

デスクライトの高さが合いにくい

27インチモニターを使うと、デスクライトの高さが合いにくいというデメリットもあります。デスクライトを使いたい方は、モニターよりも高い位置から照らしてくれるものでないと、モニターに光が反射してしまう可能性があるでしょう。

購入予定のモニターの高さを確認して、それに合ったデスクライトを使うか、もしくはモニターライトを使用するのがおすすめです。

これならモニターに直接掛けて使用できるので、27インチモニターでもデスクライトについて悩む必要がなくなるはずです。

注意点:サイズと解像度の関係性

また、モニターのサイズと解像度の関係性についても触れておきます。解像度とは、スクリーンのピクセル数のことで、いくつのドットで画面を表示するかということです。

私は27インチで1920×1080(フルHD)のモニターを購入しましたが、この解像度だと少し画面がズームインされた状態になります。私は目が悪いので、これくらいズームインされていると作業がしやすくて気に入っています。

結論:27インチモニターは使い心地最高

結論として、27インチモニターは大きすぎないと思います。一か月ほど使用していますが、使い心地で不便だと感じたことはありません。

24インチと比べると、少しの違いですが、作業スペースが大きくなったりエンタメの迫力が上がったりします。スクリーンタイムが多く、いつもパソコンに向かっているような方には27インチモニターがおすすめです!

〜この記事を書いた人〜
きこ

共感できる記事を求めてなんでもググる派。記事LPライター・SEOライターです。慶應経済。詳しいプロフィールは名前のリンクをクリック!

きこをフォローする
スポンサーリンク
ライフスタイル
この記事をシェアする
きころぐ
タイトルとURLをコピーしました