2019-03

海外で子育て(by母)

「世界中にいるポーランド人」出たっきり邦人@ポーランド第9回

みなさん気が付いていないだけで、もしかしたらポーランド人に会ったことがある人って結構多いと思うんですよ。ポーランド自体はマイナーな国ですが、ところがどっこい移民勢力としてはかなりなものがあります。 顔が白人ですから、アメリカでもヨーロッパでも黙っていれば移民かどうかわからないし、その上、その国の言葉が上手だったら、もう本人がポーランド人だと言うまでは分からないでしょう。
海外で子育て(by母)

「各国の国歌の意味」出たっきり邦人@ポーランド第8回

オリンピックで、ポーランドも金メダルを3個獲得!スタジアムに国歌を流すことができました。 国歌といえば、ケニアで数年育ったわが子たちは、ケニアの国歌が流れていたときもしっかりと口ずさんでおりました。いつまで歌えるんでしょうか?さて今回は、ポーランドの国歌を簡単にご紹介いたします。
転校・留学・海外

【帰国子女の日本語教育】小学生の私に母がやってくれたこと

私は小学生低学年のとき、ブリティッシュスクールに通っていました。学校で英語を話しているので、いくら家で日本語を話していても、日本語が苦手になってしまう可能性がありました。子供は吸収も早いですが、忘れるのも早いですよね。 そこで、学校...
海外で子育て(by母)

「バレーボール観戦で不快な体験」出たっきり邦人@ポーランド第7回

行ってきました! 男子バレーボール、ワールドリーグ第5週、日本VSポーランド。ウッジ市はワルシャワから車で2~3時間のところにあり、夜8時から試合開始。ということは試合が終わるのは11時ごろ?ということで、いくかどうか迷っていたのですが、ワルシャワ在住のバレーボールファンのかたがたのはからいで、バスを貸りきって応援に行くことになりました。
海外で子育て(by母)

「ショパンのトリビア」出たっきり邦人@ポーランド第6回

1.ショパンはどこの出身か? 2.ショパンは何歳まで生存したか? 3.ショパンの誕生したのは西暦何年? 4.ショパン国際コンクールは何年ごと?1.ショパンはどこの出身か?ポーランドの出身です。母親はポーランド人、父親はワルシャワでフランス語教師をしていたフランス人。ワルシャワから西に50キロのジェラゾヴァ・ヴォラというところで誕生しました。ここは現在博物館になっており、夏の間には日曜日にピアノのリサイタルなども行われます。
学習方法

大学の通信教育課程に通うことのメリット。どんな人に向いている?

「権威ある大学の通信教育課程に通う」という選択肢を考えたことはありますか? 実はあまり知られていませんが、通信教育課程が穴場のお得制度なんです。 ・仕事をしていて、大学で勉強して知識を深めたい・転職するために学位が欲しい・受験...
海外で子育て(by母)

「番外編ハンガリー旅行」出たっきり邦人@ポーランド第5回

暖冬のよさも楽しまなければ。ということで、ハンガリー旅行に行ってきた。2月の初めに、夫の職場の3連休が2週間後にあることに気がついてから、いきなり、とにかくどこかに行こうっ、と計画開始。街自体は、ワルシャワには申し訳ないが、申し分なくブダペストが美しい。ヨーロッパらしい街並みを楽しみたい方には、ハンガリーがおすすめだ。
海外で子育て(by母)

「ポーランドの日常生活の支出と、暗い冬」出たっきり邦人@ポーランド第4回

このたび初のヨーロッパの冬。おびえていたほど気温は低くないので、寒さは大丈夫ですが、期待通りに『暗くて長い』。冬至もとっくに過ぎ、以前に比べると少々日が長くなりましたが、今回の冬はとにかくどんよりと曇っている日が多く、なんだかすっきりとしないのよね。
ライフスタイル

【飲食店の闇を見た】1週間で飲食店バイトを辞めた話

私はお好み焼き屋チェーン店でバイトをしていたことがあります。そしてなんと1週間でそのバイトを辞めました。 辞めて良かったと思っています。たったの1週間分しか出勤しなかったのに、「飲食店の闇」が見えてしまうような店の手助けはしたくあり...
海外で子育て(by母)

「やっぱりクリスマス」出たっきり邦人@ポーランド第3回

ポーランドは前法王ヨハネパウロ2世を輩出したカトリック大国。クリスマスは1年を締めくくる大事な行事です。でもあまり派手な飾り付けをしている家はありません。外の木に電飾を付けている家が珍しいくらいです。冬が長く厳しい国では、クリスマスという行事は必要不可欠だと思いませんか?12月25日だけではなく12月いっぱい楽しめる行事。なんだか、わくわくしますよね。うち
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました