転入生がクラスに馴染むコツまとめ!待ちの姿勢が大事。【転校5回経験】

海外で感じたこと

全員がお互いに初対面の時と、転入して自分だけみんなと初対面の時の「馴染み方」には違いがあると思います。

入学当初のクラスみんなが緊張していますが、転入するときは自分以外はみんな友達です。そんな中、失敗してしまうと孤立してしまうのではないかという不安がある人も多いのではないかと思います。

私は転校を5回しているので、自称・転校のプロ!小学校のときに4回転校し、高校で1回転校しました。

やはり転入に慣れていてコツを知っていたからか、いつもうまく馴染むことができていました。「1年生のとき○○ってあったよね〜〜」と話を振られることもしばしば。1年生のときはまだその学校に通っていなかったのに、ね。転入生だということを忘れられます。

少しコツさえ知っていれば、転入生としてすぐクラスに馴染めます。友達もすぐできます。これ経験談。

この記事では私が転入生としてクラスに馴染むために心がけていたことをまとめました。

さっさと新しい環境に慣れて、楽しい毎日を送りましょう!

自分から話しかけない

意外だと感じる人もいそうですね。でもこれ、「転入生」が馴染む上で結構ポイントです!

なぜ「自分から話しかけないべき」なのか?理由はいくつかありますが、

「相手の安心感」と「友達間・男女間の嫉妬」の2つに分けて説明してみます。

相手の安心感

共通の知り合いさえいない、知らない人と帰り道が一緒になったら、ちょっと緊張しませんか?どんなトーンで話していいかわからなくなったり、変な沈黙ができてしまったりしますよね。

転入生に話かけられると、「知らない人からいきなり話しかけられた状態」になります。いくらお互いに会話を続けようとしたって、変な緊張感が漂うわけです。

自分は周りの人と交流がすでにあるので、友達と話していた方が楽。なのに、転入生に話しかけられたからその場にいないといけなくなるのです。友達と楽しい時間を過ごせたかもしれないのに、その時間を転入生との緊張感漂う会話に使ってしまった感じ。あなたにいい印象を持ちにくくなってしまうかもしれません。もちろん人によるし、会話の内容によるけどね。

でも、みんなはあなたのことを知らないわけだから、あなたにちょっと警戒心を抱いていることを忘れてはいけないと思います。

その点、話しかけられるのを待つと、「相手が安心した状態」で会話を始められるのです。

だいたい転入生に話しかけるときって友達と一緒に話しかけに行きますよね。その人にとっては、転入生を巻き込んで友達と話す感覚になります。

友達と笑い合っているシーンに転入生であるあなたがいるだけなので、あなたがどんなに緊張して変なことを言ってしまっても、「友達と転入生と笑った時間」として捉えてくれることが多いです。

友達との会話も交えて、あなたとも話す、という風になるでしょうから緊張感もありません。

一人であなたに話しかけてくる人もいるかもしれませんが、そういう人はそういうキャラなのでなんでもオッケー。緊張感を感じない人が一人で話しかけてくると思うので、問題なしです。

友達間・男女間の嫉妬

スクールカーストではないですけど、なんとなくクラスで人気者・地味目・おちゃらけ・真面目みたいな感じで別れますよね。

転入した当初は、当たり前ですがクラスの雰囲気がわかりません。このクラス内のジャンルわけもわかりません。自分から話しかけると、話しかけた人がどんな人かはよく分からないということです。

話しかけられるのを待って会話を始めると、話しかけてくるのは「知らない人にも話しかける人」です。でも、自分から話しかけると、相手が普段はあまり話さない人かも。

クラスの人としては、自分に話しかけられる分には、転入生と話せばいいだけです。でも、意外と盲点なのが「転入生が話しかけた人の友達・好きな人」です。

相当運が悪くなければ激しい感情を抱かれることはないと思いますが、なんとなく「モヤっ」とはされてしまうかもしれません。

転入生であるあなたがAくん(異性)に話しかけたとすると、Aくんのことが好きなBちゃんはちょっとモヤッとするもの。別に恋愛感情ではなくても、仲の良い友達を取られる気がする人もいると思います。

学年や文化、性別やキャラなど、いろいろなことに左右されますが、基本リスクは抑えたいところ。

「自分は無害ですよ」と伝わるような言動をすると相手の転入生に対する危機感がなくなります。話しかけられるのを待つことは自分の「無害感」を主張する1つの方法です。

話しかけられたらそこからが勝負

「話しかけられるのを待っていたらいつまでもクラスの人たちと打ち解けられないじゃん」と思うかもしれません。でも断言できます。絶対にすぐ話しかけられます。

転入生にノータッチなクラスがあると思いますか?みんな新キャラに興味津々なことでしょう。自分から話しかけても相手から話しかけられるのを待っても、会話が始まるタイミングは大して変わらないので後者を選ぶべきです。

ただ、一度話しかけられたら会話を膨らますことを忘れてはいけません。一度会話した人になら話しかけても良い(というかするべき)だと思います。

はじめに自分から話しかけないのは、相手に安心感と無害感を与えるためです。一度それがクリアできれば、あとは自分から話しかけて会話を広げるべきだと思います。

一度話しただけでちゃんと仲良くなれることの方が少ないです。だから続けることが大事。

はじめさえコツを掴んで「話しかけられることを待つ」ということをしていれば、あとは気軽に話して仲良くなっていけると思いますよ。

笑顔を忘れない・目線を下げない

みんなに当てはまることではありますが、特に転入生にとって「笑顔」は大切です。

転入先の子達は、あなたがどんな人かを知りません。ポジティブで明るい印象を与えることが大事です。でも、一人でいるときに笑顔でいると変な人に見えてしまいます。だから一人でいる時はなるべく目線を下げないことを心がけましょう。

転入生がいじめのターゲットになってしまう悲しい話を聞きますが、「笑顔でいる・目線を下げない」ということはその予防になると思います。

前の学校でいじめられていたわけではないし、友達もたくさんいたのに、転校したらいじめられる人がいることには「転入生の弱さ」が関係していると思います。誤解しないでいただきたいのは、転入生が弱いからいじめられるんだ、強くなれ、という話ではないということです。

誰かをターゲットにして結束感を強めたかったり、優越感を抱きたいいじめっ子にとって「転入生」は格好の餌食です。だって、まだ同じ学校に味方がいないし、緊張して言い返すこともないだろうから。動物が生まれたての赤ちゃんを狙って狩をするのと同じだと思います。「まだ」対処できないという意味で転入生は弱いのだと思うのです。

笑顔でいて目線を下げないことで、はじめから「自信を演出できる」と思います。内心緊張していて、不安でも、はたから見てそれらがあまり感じられなくなります。いじめっ子も「いじめたい」と思って行動するわけではないと思うのです。「弱そうな振る舞い」をした転入生がやってきて、ちょっとからかったら優越感を感じてしまった、という些細なことがきっかけになるのかもしれません。

転入先でいじめられるんじゃないかという不安を持っているのであれば、「笑顔で目線を下げずにいたら大丈夫」なので安心してほしいと思います。でももし辛いことがあったらすぐに大人に相談してしまいましょう。

自己紹介に「話すきっかけ」を入れる

はじめに「話しかけられるのを待つべき」というポイントをお伝えしました。どんな風に待っていても声はかけられると思いますが、コツがあるとすると「自己紹介」に成功することです。

大体転入した時はクラスの前で自己紹介をする機会があると思います。その時にちょっと「話すきっかけ」を仕込んでおくんです。

なんでも良いと思います。サッカーが好きとか、ペットに何を飼っているとか、絵が得意とか。

クラスの誰かが共感してくれることを言うと良いかもしれませんね。「私も○○好きなんだ!」と話しかけてくれるきっかけになります。

私の場合は、クラスの子達が興味を持ってくれるような話をしていました。私はオカメインコが好きなので、自己紹介で「好きな動物はオカメインコです」と言っていました。すると、聞きなれない言葉なので、「さっき何が好きって言ってたの?インコ?」と話が広がります。

また、前の学校で呼ばれていた「あだ名」を自己紹介で言うのも良いと思います。なんと呼べば良いかが分かって話しかけやすいし、あなたが「前の学校の友達にそのあだ名で呼ばれていた図」を想像しやすくてフレンドリーな印象を与えます。

おわりに

話しかけられるタネを蒔いておいて、話しかけられるのを待つ。会話が始まったら会話を広げる。笑顔を忘れない。

これらを徹底していたらすぐに馴染めると思います。一度話しやすい印象を持ってもらえれば、そのあとはすぐに友達ができると思います。

相手にとって自分は「緊張感を抱くべき見知らぬ人」です。そこを理解して、同時に利用することが大切です。転入してまだ知り合いがいない時期に一番興味を持たれています。クラスのどんな人の関心も集めている時なので、そのときに良い印象を残せればもう大丈夫です。

案ずるより産むが易し。転入してしまえばなんとかなるものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました