IBかAPだったらAPを選ぶ理由!メリット・デメリット

帰国生入試

私が通っていたインターナショナルスクールでは、国際バカロレア(International Baccalaureate)とAP(Advanced Placement)の二通りの教育システムがあり、どちらかを選んで授業をとっていました。IBかAPか選ぶのは高校2年生(Grade 11)に上がるときでした。

友達の多くがIBに進んでいたし、成績優秀な人たちはIBに進んでいたので、とても悩みました。

そして、自分にとってどちらが良いかの熟慮の末、APコースにしました。

留学先に悩んでいる人、私のようにインターナショナルスクールで授業のタイプを選ばないといけない人はどんな点に注意するべきなのでしょうか。

国際バカロレア(IB)は時間がかかる

国際バカロレアの資格を得るためには、いわゆる授業以外にも特徴的な科目があります。

 加えて、IBの独自性を求めて課題論文(EE)と「創造性・活動・奉仕」(CAS)が導入される。特に、CASは「生徒が高度な教育を受けたかどうかは、試験で何点取れるかではなく、全く新しい状況で何ができるかによって確かめられる」との信念から、学問的な学習の外にある「実社会の重要性」に価値を置く。最後に、カリキュラム全体の要となるものとして、クリティカル・シンキングを重んじた「知の理論」(Theory of Knowledge:TOK)を設置した。知識の形態、分野相互の理解、日常の経験と知識の結びつきを学ぶものだ。知識そのものを批判的に捉えることも特徴的である。

出典元:リクルート進学総研・インターナショナルバカロレア(IB)日本での現状を探る

学校の授業についていくだけでも大変だった人にとっては、課外活動も同時にしなければならなくて、エッセイもたくさん書かなくてはいけないIBは大変かもしれないです。

実際、英語がネイティブだった友達でさえ、毎日課題に追われていました

時間を費やさないといけないプログラムであることは間違いなさそうです。

ただ、エッセイを書かされることが多い分、英語力は自然と上がることでしょう。

自分の頭で考える力も鍛えられると思います。

IBでいい成績を修めることには時間が必要で、他のことに手がまわらないことが悪い点といえそうです。

プログラムの長さと科目選択の自由

IBは2年間のプログラムの終わりに試験あって、そこで成績が決まります。そもそもIB Diplomaが取得できるかどうかもその最終試験によります。

APは1年のプログラムなので、年度終わりに試験があり、科目ごとに点数・合否が決まります。

私にとって、このプログラムの短さがAPの魅力でした。1年で終わるので、習ったことをまだ覚えているうちに試験を受けることができます。日々の授業の復習をしていれば、採取試験のための勉強はあまりせずに良い成績を修められるというイメージです。

また、APは1年ごとにどの科目を取るかを選ぶことができるので、1年目に自分に合わなかった科目があっても大丈夫です。次の年に方向転換してみることができます。

IBは理系何科目、文系何科目、など科目の分類を気にしながら履修しなければなりません。

しかし、APは高校を卒業できる程度に単位を取得していれば、科目分類を気にする必要はありません。自分の興味がある科目、得意な科目を選んでいけば良いので、良い成績もとりやすいです。

日本人であれば数学系をとれば比較的簡単にこなすことができると思います。

ちなみに私は

1年目:Calculus AB, Microeconomics, Pre-AP Biology

2年目:Comparative Government, Calculus BC, Statistics

という感じで、合計5つのAPを取得しました。

APを取るとGPAが上がる?

私が通っていた高校では、APでもIBでもないRegularの科目がありました。

これらの授業と比べると、最終試験を外部の組織が行うAPの授業のレベルは高かったです。いい成績をとるのもより難しいと判断されていました。

そのため、APの成績は1.3倍にしてGPAに換算されていました。

私はこの制度のおかげで、APの科目を3つ履修していたGrade 12のときのGPAはなんと4.87でした。

GPA4がオールAの点数なので、満点を通り越してしまったような状態です。

GPAを重視する必要がある人にとって、APを取るという選択肢は悪くなさそうです。

高校のGPAの付け方の方針をぜひ聞いてみてください。実はこのような制度が取り入れられているかもしれません。

日本の大学に進学するならAP

日本の大学に進学するのであれば、断然APをおすすめします。

日本の大学の帰国子女受験するときは、IBかAPどちらのシステムで学んだかなんて合否に影響しないからです。むしろ、いい成績を修めることが大切です。

様々な国に住んでいた人が受験する入試なので、教育システムの違いで合否に影響を与えることはできないのです。

好きな科目を選べて、試験範囲も1年分のAPは正直、いい成績を取りやすいと思います。

せっかくIBで時間をかけて苦労しても、結局日本の大学はそれを評価してくれません。

大学受験資格の一種としてしか見ていないのではないでしょうか。

だったらAPでいい成績をサクッととって、空いた時間をSATやTOEFLなどの勉強に当てたり、海外でしかできないような体験をしたりしたらいいのでは?

実はAPの勉強をすることでSATなどの統一試験の点数が上がったりもします。

海外の大学に行こうと思っていたら、IBもいい選択肢です。国や大学にもよりますが、IBを高く評価するところがあるからです。ただ、やはり海外大学受験に有利になるためにもいい成績を修めないといけないことには変わりありませんが、、

日本の大学がIBに費やした時間に見合った評価をしてくれないのならば、自分が本当にやりたいことに時間をかけたいそう思って私はAPを選択しました。

結果、日本の第一志望の大学に合格できました。海外での生活も充実していましたし、APの授業で得たことが大学の学部選びに繋がったりもしました。

ということで、日本の大学に進学するのならばIBよりもAP!おすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました